【無料】2020年ネットショップはこれを使うべき!おすすめ比較ランキング

ネットショップをこれから開業したいけどどのショピングサイトを作ったら良いのだろう…と考えている方は多いと思います。

今回はそのような方におすすめで2020年に使うべきショッピングサイトを紹介しようと思います。

結論はshopifyが一番良い

→shopifyを無料体験してみる

最初に結論から紹介するとshopifyが2020年現在で最も優れたネットショップで利用すべきだといえます。

以下でどのように優れたサービスだといえるのかについて他のネットショップのサービスと比較しながら紹介します。

shopifyは総合的に優れたネットショップ

shopifyカラーミーMAKE SHOPBASE
費用
月29ドル
(約3100円)

初期費用無料

月3,240円

初期費用3,240円

月10,800円

初期費用
10,800円
無料
デザイン
機能性
使いやすさ

費用で比較したとき最も安く利用できるのは無料のBASEです。ただ、BASEは無料で作れるメリットがありますが、集客できる機能が弱いです

なので、集客は既にできているからあとは売るだけというインフルエンサーなどファンがいる方についてはBASEが良いといえるでしょう。

→BASE公式サイトを見てみる

shopifyは有料のショッピングサイトの中で最も利用しやすい

shopifyは有料のショッピングサイトの中でも初期費用、月額の費用が安いです。

さらに、デザインのカスタマイズも数種類のテンプレートの中から自分のショッピングサイトに合ったものを選ぶことができ、ネットショップ初心者の方でもカスタマイズしやすい管理画面になっています。

MAKE SHOP、カラーミーは自分好みのカスタマイズをしようと思うと自分では難しい部分があるのでデザイン業者に依頼しないといけません。

Googleショッピングとの連携、ブログ機能、SNSとの連携など集客面についてはアプリケーションをインストールすることで簡単に始めることができるようになります。

アプリケーションはWordpressをご存知の方でしたらプラグインと同じイメージといえばわかりやすいでしょう。

Shopifyのアプリは他にも

Shopifyのアプリは他にもアップセル・クロスセル販売や割引キャンペーンといった施策も打ち出しやすいです。

どんなことができるかについてはこちらのブログで解説してくれています。

shopifyのデメリットは英語表記しかないアプリがあること

非常に便利なアプリ機能ですが、使用するアプリによっては写真のように日本語の対応がしていないものがあります。

英語はどうしても難しいという方がいるかもしれませんが、有名なアプリについては親切に解説してくれているブログがありますし、日本での利用者が増えていけば徐々に日本語にも対応していくそうです。

WordPressで構築するECサイトのWoocommerceやWelcartとshopifyを比較して

この記事を書いた人

karakusa42000